【増補版】道徳授業原論

深澤久 (著者)
¥ 3,960 (本体: ¥ 3,600 + 消費税: ¥ 360)
数量 在庫 在庫あり

商品説明

【7月5日(金)より予約開始!】

名著復刊 第2弾!!

深澤久先生の初の単著が、増補版のための書き下ろしと季刊『教師のチカラ』に掲載した道徳授業の論考とを収録して復刊! 
刊行から20年経っても色褪せることなく、むしろ輝きを増す道徳授業のバイブル。
「命の授業」で日本の道徳授業の画期をなした深澤先生の根源的な問い、「その授業は、なぜ必要なのか」 
この問いに、いまどれだけの教師が答えられるだろうか。
子どもたちが本気になって取り組む道徳授業をめざす教師に必読の一冊。

[目次]
 序  二十世紀:道徳授業改革の到達 
第Ⅰ部 道徳授業とは何か?
第1章 道徳授業で育てる力
第2章 道徳授業を支える条件・道徳授業の前提
第Ⅱ部 道徳授業づくり論
第3章 道徳授業の「ねらい」に何を書くべきか
第4章 道徳授業の「教材」の要件
第5章 「教材」開発法
第6章 全体をデザインする ~「単元テーマ」型道徳授業~
第7章 道徳授業の「型」
第Ⅲ部 評価論
第8章 ミクロの評価
第9章 マクロの評価
あとがき

【増補】季刊『教師のチカラ』より「『道徳の教科化』への見解を持て」[№17(2014春号)]
増補版のための書き下ろし「増補版発刊へ寄せて」(14ページ)


※本書はPOD商品です。購入には8/25(日)までに予約が必要です。
※発送は予約締切から4週間以内に発送します。
※他の商品と併せてご購入の場合、同梱して発送します。

※弊社オンライン書店のみの販売です。一般書店では購入できません。
※POD商品のため底本と一部仕様が異なります。また、乱丁・落丁・破損等以外の返品はお受けできませんのでご了承ください。

発行所: 日本標準

カテゴリ